耳の後ろにかける 耳かけ型補聴器

高出力でスタイリッシュなデザインの補聴器を求めているのであれば、耳かけ型補聴器がおすすめです

耳かけ型補聴器(BTE)

重度に近い難聴で耳あなが小さなユーザーの場合は、耳かけ型補聴器が適しています。

補聴器のすべての電気部品は、耳の後ろにかけたケースの中に納まっています。耳あなに合わせて作成したイヤモールドとチューブを通して、音はあなたの耳に届きます。耳かけ型補聴器のほとんどのモデルは、本体でボリュームを調整したり、プログラムを切り替えたりすることができます。

RIC補聴器

レシーバーを耳あなの中に収めるタイプのRIC補聴器は、形状や装用の仕方が耳かけ型補聴器に似ています。しかし、レシーバーが補聴器本体ではなく、耳の中に入るイヤチップに内蔵されているため、耳かけ型に比べてサイズが小さくなります。RIC補聴器は、軽度から高度難聴の方に適しています。

RIC補聴器は、補聴器本体のマイクから細いワイヤを通して耳あなの中に位置したレシーバーに音を届けます。音質が素晴らしいだけでなく、小さくて目立ちにくいのも特長です。

RITE補聴器

RITE補聴器は、耳介に装着したレシーバーから音を出します。

RITE補聴器があなたに合うかどうかは、あなたの耳の形状及び聴力低下の程度によります。
もし、耳かけ型補聴器よりも小さな補聴器をお求めであれば、RITE補聴器はいい選択かもしれません。